青汁で血液サラサラになれる?!普段から摂取しておきたい食べ物も一緒にご紹介します。

血液サラサラ

血液がドロドロになると、高血圧、動脈硬化といった病気を発症しやすくなります

 

血液がドロドロになる原因は、

  • ストレスや不規則な生活
  • アルコールの過剰摂取
  • 油分・糖分の多く野菜の少ない食生活
  • 喫煙

などで、10人中半分以上の人の血液がドロドロであり可能性が高いと言われています。

 

 

血液をサラサラな状態に保っておくためには、バランスの良い食生活と適度な運動が必要です。

過食、特に脂肪分、糖分の摂り過ぎは、血液中のコレステロールや中性脂肪を増やします。
若い人でも、甘いものばかり食べて、きちんと食事を摂らない人や、酒量の多い人、喫煙する人は、中年になる前に、血液がドロドロになってしまいます。

 

血液をサラサラな状態に保つための食物は、食物繊維の多い食品です。

食物繊維は、コレステロールの吸収を抑え、腸内にある不要な老廃物を体の外に排出する働きをするので、腸内をきれいにしておくことができ、血液中にコレステロールや無駄な中性脂肪が増えるのを妨げてくれます。

 

血液をサラサラにする効果のある食品は、野菜類や魚介類などです。

野菜類には、食物繊維の他、血管の老化を防ぐ抗酸化力がありますし、アジ、イワシ、サバなどの青魚類には、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、血圧を下げたり、血液が固まらないようにしたりする働きがあります。

 

野菜類の中でも生の玉ねぎは血液をサラサラにする効果が非常に高く、ドロドロ血液の改善に役立ちます。

 

昆布やワカメなどの海藻類には、新陳代謝を促し、血流を良くするヨウ素が含まれている他、血糖値の上昇を抑える水溶性食物繊維が含まれており、血液をサラサラにする効果があります。
その他には、納豆、黒酢、ナッツ類、緑茶などに血液をサラサラにする効果があります。

 

また、身体を適度に動かすことも血液をサラサラにしておくためには大事な生活習慣です。
ウオーキングやストレッチなど、日常生活の習慣に取り入れましょう。
血液をサラサラにすることは美容効果にも繋がるでしょう。