青汁にはダイエット効果がある?!どんな方法を行うのがいいのでしょうか。

ダイエット効果

青汁には、食満繊維が含まれているので、胃腸の調子を整え、体外に老廃物を排出するという効果があります。
また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので体の代謝がよくなります。

 

肥満の原因は、糖分や脂肪分の摂り過ぎとよく言われますが、肥満の人は全体的に食事量自体が多いという人が多いようです。
食事に加えて、間食をする人も、多く見られます。

 

1日は24時間で、睡眠時間を除くと18時間~16時間が、起きている時間となるわけですが、胃で食べ物が消化されるまでには2時間から4時間、小腸で食物が消化吸収されるまでには7時間~9時間が必要です。

 

その後、摂取した食べ物は大腸で、水分と残りの栄養素を吸収され、25~7時間後に体外に排出されます。

 

従って、1日3色食べている人、さらに間食までしている人の胃腸は、休憩する間がなく、次々に食べ物が詰め込まれている状態になっています。

 

その様な状態では、正常な消化吸収が行われないため、不要な老廃物を体外に排出することができず、便秘になったり、肥満になったりしてしまうのです。

 

便秘や肥満を解消するためには、胃と小腸が空になっている時間を作ること、食物繊維をたくさん摂取して、体内の毒素を排出すること、ミネラルを摂取して、毒素を抑えること、ビタミンを摂取して新陳代謝を促すことが必要です。

 

青汁を使ったダイエットは、それらの項目をすべて実行できます。

まず、自分の生活の時間帯に合わせて、就寝前の食事を何時に摂るかを決めましょう。
食後、最低2時間たってから就寝できる時間帯を選んでください。

 

例えば11時に就寝する場合には、9時までに夕食を済ませるようにします。
9時に夕食をとる場合には、朝食は青汁だけにします。

 

昼食と夕食は、普通通り食べて大丈夫です。

 

反対に、朝食を摂りたい人は、朝食と昼食を摂って、夕食は青汁だけにします。
そして、2食の食事は栄養のバランスを考え偏りのない食事になるよう心がけしょう。