青汁にはたくさんのメリットがありますが、しっかりとデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

青汁のデメリット

青汁は薬ではない

青汁は豊富な栄養があり、健康を保つための飲み物と言われています。
これは完全な間違いではありませんが、より健康的な生活を送るためには規則正しい生活や、
生活習慣が大事になってきます。
青汁を飲めば健康になれる!といった考えではなく、青汁はあくまで健康を補助するものと考えたほうがいいでしょう。
また、薬を飲んでいる人はその薬を最優先に考え、医師の維持に従うようにしましょう。

 

コストがかかる

青汁には様々な価格のものがありますが、多かれ少なかれ商品を買うコストがかかります。
続けることに意味がありますので、家計に負担をかけない程度のものを選ぶようにしましょう。
最近は定期コースなどで割引がきくものが多いのでそういったものを活用するといいでしょう。

 

飲み過ぎ注意

手軽に飲めるというのは青汁のメリットでもあります。
栄養をたくさん摂った方がいいのでたくさん飲んだ方がいいと考える人がいるかもしれませんが、
実は摂りすぎるのはよくないのです。
栄養は与えられた許容範囲を守らないと健康は保たれないと言われています。
この均衡を保つために摂取されにくい栄養をどれだけ効率的に摂取できるか考えているので
飲みすぎると過剰摂取になってしまうのです。