青汁は味・効果・形状など商品によって違うのでまずは飲む目的を絞りましょう。

自分に合った青汁を選ぶ方法

青汁は、野菜不足を補うことで、新陳代謝を促し、腸内環境を整え、免疫機能を高めることのできる優秀な健康補助食品ですが、飲み続けないと効果がでません。

 

その為、長く飲み続けられる青汁を選ぶことが青汁の効果を実感できるがどうかの重要なポイントです。

 

ここでは何を基準に選べばいいのか分からないという方に、選び方の方法をご紹介します。

 

味が我慢できず、続けることができなかったという人は少なくありません。
粉末の青汁はたくさんの種類が出回っていて、

  • お茶の味
  • 果汁の味
  • はちみつの

など、飲みやすく工夫されたいろいろな味の青汁があります。
手をかけられるのであれば粉末の青汁にし、飲み物や料理に混ぜて摂取することが出来ます。毎日飲んでいると飽きてくると思うので、割物で味を変えて変化を楽しむのがいいでしょう。

青汁の美味しい飲み方

 

お試し商品がある青汁は安価で購入することができますので、この味なら続けられるという青汁を探しましょう。

 

青汁

 

効果

また、青汁を飲むことで期待したい効果も考えて選びましょう。
野菜不足を解消して体調を整えるということの他に、配合されている成分による付加効果もありますので、成分表示をよく確認し選ぶことをお勧めします。
商品によって異なりますが、

などの効果がある青汁もあるので目的を決めて探してみるといいでしょう。

 

 

形状

青汁の形状には粉末、液状、錠剤、ジェルタイプなどがありますが、自分の生活の時間帯を考慮して便利に飲める形状のものを選びましょう。

 

粉末タイプの青汁

粉末タイプの青汁のメリットは、保存が楽なことと、料理などにも使えることです。
また、液体タイプのものに比べ、価格が抑えられているということもあります。
青汁は、独時の苦味と青臭さがあるため、飲みにくいと感じる人が多いので、料理に混ぜられるというのは大きな利点です。
また、溶けやすいので色々な飲み物に混ぜて、苦みや青臭さを少なくすることができ素早く体内に消化吸収されます。

 

粉末タイプの青汁のデメリットは、製造の過程で栄養成分が減少してしまうということです。粉末タイプには、温風乾燥して製造するものと、フリーズドライ製法で製造するものとがあります。
温風乾燥の場合、栄養価が減少しますが、のど越しは良く、フリーズドライ製法の場合は、栄養価は減少しませんが、のど越しが滑らかではないという違いがあります。
そして、フリーズドライ製法の青汁は、価格が高めです。
また、粉末タイプの青汁は冷たいもので割ると溶かす手間がかかり、溶かしても粉っぽい味わいになってしまうものもあります。

 

ジェルタイプの青汁

ジェル状の青汁は、1回分ずつパックになっていて、水に溶かしたりしなくてもそのまま飲めます。
また、粉っぽさが無くのど越しが良いので、味が気に入れば簡単に摂取できるので、便利です。他の飲物と混ぜることで、カロリーを摂り過ぎてしまうこともありません。
外食が多い人には、簡単に持ち歩けるので飲み損ねてしまうこともありません。

 

粒状タイプの青汁

粉末の青汁が苦手…でも美容の為に飲みたい、野菜不足を解消したいという方におすすめなのが粒状タイプです。
粉末と違い水などに溶かす必要もないので外出先でも手軽に飲めます。
持ち運びも簡単ですし、忙しい人にはおすすめです。

 

 

自宅で飲むことが多い人は、どのタイプを選んでも飲みにくいことはありませんが、外食が多い人は錠剤やジェル状が便利だと思います。